マイクロソフトオフィスを味方にする方法

マイクロソフトオフィスを使用する際に

ワードやエクセルを使用するならオフィスは必要

すぐに使用したい方についてはダウンロード版で、購入や郵送でも良いので手に入れたいという方は、POSAカード版を選びましょう。 POSAカードの有り無しについては、大きな違いはないでしょう。 いずれの場合に於いても、インターネットでソフトのダウンロードが必要なのです。

POSAカード購入の際もダウンロードが必要

「Microsoft Office」は、マイクロソフト社より発売されているビジネス用ソフトのことなのです。
文章を作成に必要なWordと表計算やグラフ作成などに便利なExcel、メールソフトであるOutlookが基本となり、プレゼンテーションの資料作成のためにPowerPoint・データーベースソフトでもあるAccessなどのバージョンを追加したものもあります。
WordやExcelは、マイクロソフトより単体で販売していますが、単体での購入は高いのではないかと思われます。
現在では、Microsoft Officeの入手方法については、以前はパッケージ版であるOffice2016と、Word、Excel、PowerPointなどのアプリがOffice2016バージョンが含まれるうえに、追加のオンラインストレージが、追加料金無しで継続的に技術サポートが受けられる、月単位や年単位で解約可能なOffice 365 Soloサブスクリプションなども用意しています。
どれを選ぶのかについては、人によって異なりますが、現実的にMicrosoft OfficeのWordやExcelだけを使用したい時に知っておくと役立つことについて紹介いたします。
Word2016を単体で購入した際の価格は、15,984円となっていて、Exce2016を追加で購入した場合は、さらに15,984円が必要になり、非常に高額になってしまうので、WordとExceの単体購入はお勧め出来ません。

近年はパソコン無しでの教育は考えられない

教育の場において、今やパソコンなしの教育は考えられないのが現状です。 教育機関がMicrosoftとの包括契約を行っている場合に於いては、学生は無料でOfficeが利用出来る場があるようです。 包括契約していない場合に於いても、プラン「Office365A3」格安で利用出来るアプリがあるようです。

パソコン購入の際はソフトも一緒に購入しよう

これからパソコンを、購入しようと思っている方は、ワードやエクセルなどが入っている物をお勧めいたします。 ソフトも購入しようと考えている方は、バンドル版が付いている物の方がお得に買えるといえるでしょう。 バンドルは、通販で格安で購入は可能ですが、家電量販店での購入の方が良いでしょう。

TOPへもどる